宇宙の正社員転職@iac2017

宇宙のように稼げる正社員転職の求人から宇宙レベルでレアな正社員転職内容まで、Astronautsの魂で広く深く紹介していきます♩

【転職の面接】おさえておきたいマナーまとめ!名刺…どうするかわかりますか?

 


このページに辿り着いたということは、あなたは今、「転職面接」を控えていませんか?
新卒の頃の採用面接からは随分時間が経って、面接のマナーを忘れてしまった…
しかも、新卒時と転職時ではもしかしてマナーが違うのではないか?
と色々考えて不安になっているのではないでしょうか。

まずお伝えしたいのは、「面接の基本的なマナー」は新卒時に気を付けていたことと全く変わりません。
ただ、その「基本的なマナー」を押さえた上で、「社会人経験ありの人間」として、更に要求される「正しい振る舞い」は確かにあります。
本記事では、転職経験があり現職で採用面接に関わっている筆者の目線も加えて、「転職面接のマナー」についてまとめています。
マナーを知らない者より、知っている者の方が評価されます。

せっかくあなたが勇気を出して挑む転職面接ですから、つまらないこと(マナーを知らないこと)で減点されぬよう、準備をしていきましょう!
 

 

大学生の頃とは違う、転職の面接!

名刺、どうするかわかりますか?

一度でも社会人経験があるということは、きっと自分の名刺もお持ちのことでしょう。転職面接とはいえ、他社の方に会うのなら名刺交換をするのだろうか…と考える人もいるようです。
しかし実は転職面接で「名刺交換をする」タイミングはありません。
一般常識として「転職面接に名刺持参は必須ではない」と覚えていてください。名刺の役割は「その会社を代表して挨拶する」ことです。転職面接には今の会社を代表する立場で行っているわけではなく、あくまでもあなた個人を見てもらうために行っているのです。
 

こなれたスーツ、持ってますか?

新卒の就活で着用していたスーツは、安価で買ったものではありませんか?黒々とした安価なリクルートスーツを、着倒していたのではないでしょうか。
新卒就活生がスーツを着慣れていないのは当たり前なので、あからさまにマナー違反(ワイシャツのボタンを2つ以上開けている、くるぶしソックスを履いている…など)でない限り、多少「着られている」感があっても、面接官はあなたの話の内容に集中してくれたはずです。
しかし、転職となると見方が変わります。転職面接に来る人は、少なくとも一度は社会人経験がありますよね。
ほとんどの人は数年間の社会人経験があるはずです。それなのに、まだスーツに着られている…まだ新卒みたいな黒々とした安価なスーツを着ている…というのは、マイナスです。
対外的な業種に応募するならなおさらです。身だしなみに気を遣えないというのは、「人からどう見られるか」「他の人はどうしているか」を察することができない、もしくは察した上で自分を変えることができない、という負の面をわざわざアピールするようなものです。別に、高級スーツを買えというわけではありません。サイズや色が自分と志望業界に馴染むものをきちんと選んで転職に挑んで欲しいのです。このあたり、アパレル業界や営業職の面接では特に厳しく評価されます。もちろん、スーツがこなれてなくても採用してくれる会社はあります。しかしその点を意識するだけで「だてに社会人経験してないな」と一目置かれる要素にもなるのです。



新卒就活生から「スーツにこだわるのは恥ずかしい」という意見を聞いたことがあります。
そういった人は「まだなにも社会で成し遂げてないのに、いっちょまえにスーツだけは…と笑われたくない」気持ちがあるのでしょう。
であれば、色々な経験を積んできた今のあなたが身に纏うなら、それは分相応であると考えられませんか?
 

 

面接の時間は?何分前ぐらいに着けばいい?

もちろんですが、遅刻は論外です。
よほどの理由でない限り、遅刻した時点でもうアウト。
「時間を守れない人間」の烙印が押され、印象は最悪です。
一方で、早過ぎる到着も嫌われます。会社のメインの仕事は採用面接ではありません。

それ以外の主要業務に集中している時間帯に、「想定外の時間に応募者が来てしまった」となれば、待合室の用意に困らせてしまうことも。

あなたも、家に来る約束をしていた友人が、約束時間より30分も40分も前に到着したら困りますよね?そんなことをしたら、「一般常識を知らない人間」の烙印を押されます。
答えを言うと、5分前がベストです。よく言われるのは5分~10分前ですね。5分前に到着して、「早い」とか「遅い」とかケチをつけられることはまずありません。面接会場付近のカフェなどに早めに入っておいて、5分前に到着できるように計算して出発するのがおすすめです。
そうすることで、電車遅延などに巻き込まれて遅刻をする危険性がなくなります。
また、時間とは関係ありませんが、到着時に意外と忘れてしまうマナーが「冬場はコートを脱ぐ」です。これは一般的に人の家に招かれたときのマナーとしても知られています。
由来は色々ありますが(外の寒さを持ち込まない、相手に気を遣わせない、など)、いずれにせよ、面接会場の建物に入る前にコートは脱いで綺麗に畳み、腕にかけておきましょう。
一瞬、寒い想いをするかもしれませんが、これもつまらないことで減点されないための「念のため」です。
 

面接前の受付も気を引き締めていきましょう

面接当日、会場に到着したらまず受付の社員に案内されて、控え室もしくは面接室で待機するという流れです。
このとき、「受付時はまだ気を抜いていて良い」と勘違いして、自分は客で受付の社員は店員かのごとく接すると、痛い目にあいますよ。
というのも、受付時の振る舞いも評価対象になることがあります。
例え面接が完璧であっても、受付時の態度が悪かったと受付の社員から報告があれば不採用、ということも実際に有り得ます。
例えばあなたが人事だったとして、面接では「私の強みはホスピタリティが高いことであり、誰にも不快な想いをさせないと評価されています。例えば〜」などの自己PRをしたあなたが、受付では挨拶もろくにせずそっけない態度であったなら、面接での自己PRは絶対に信用されません。
また、悪気はなくとも受付で緊張のあまり挙動不審で転んだりウロウロしたりしていると、仕事ができなそうに見えます。
受付での心得は、「礼儀正しく」「笑顔で」「堂々とする」ことです。受付も面接のうちだと心得てくださいね。

挨拶は、

「《時間》本日●時に面接のお約束をさせていただいております、《名前》●●と申します。《担当者》人事ご担当の●●様にお取り次ぎをお願い致します」

と、この《》の3つの情報を順番に丁寧にはきはきと伝えましょう。
笑顔を忘れずに!

入室から着席まではどうする!?

面接が本格的に開始されるまでの所作には、①ノック→②入室→③挨拶→④自己紹介→⑤着席の流れがあります。思い出してきましたか?新卒就活のときにもやったかもしれませんが、おさらいをしていきましょう。

まず、①ノック ですが、回数は3回、「コン、コン、コン」とドアをたたきましょう。2回以下だと失礼にあたり、4回以上だとかしこまりすぎているという評価になります。一般常識として3回が浸透しています。(日本の風習ですね)

②入室 は、必ず面接官が「お入りください」と許可を出してからにしましょう。
許可をもらわないうちに慌てて入室してはいけません。
入室したら、扉の方に身体を向け、扉をしめましょう。もしかしたら一瞬、面接官に背中を見せることになるかもしれませんが、それでも良いのです。むしろ、面接官の方を向くことで扉を背にして閉めることは失礼です。

③挨拶 扉をしめたら、面接官の方を向き「失礼致します」とはっきりした明るい声で挨拶してください。このときポイントが2つあります。1つ目は、挨拶する場所は扉の前であるということ。不用意に面接官の方に近づいていってはなりません。2つ目は、挨拶の後に一礼すること。1・2・3と3秒数えているうちに、1秒目で15°、2秒目で30°、3秒目で45°、4秒目で静止し、5・6・7・8で徐々に頭を上げると、落ち着いた印象になるでしょう。

④ 自己紹介 ですが、大学生の頃であれば「〇〇大学 〇〇学部 △△ △△(名前)と申します。」と言っていたかと思いますが、転職面接では「△△ △△(名前)と申します。本日は、よろしくお願い申し上げます」とだけで良いでしょう。
特に自分の現在の所属を言う必要はありませんし、冒頭にも伝えたようにここで名刺を出す必要はありません。
ここまできたら面接官が「お座りください」と着席を許可します。
「失礼致します」とことわってから、正しい姿勢で着席してください。

 

最後まで気を引き締めて!退出するときは?

さて、面接が終わりました。
しかし、幼少の頃によく聞いたあの言葉「家に帰るまでが遠足」を思い出してください。
面接官は、最後の最後まであなたのことを見ています。面接が良い雰囲気で終わっても、退出の仕方でやらかしてしまっては、後味が悪いです。
良い面接ができたと思うけど、最後失敗したなあ・・・合否に関わらなければ良いが…」なんて頭を抱えるはめにならないように、退出方法もおさえておきましょう。まず、面接の終わり方というのは、面接官が「本日はこれで終了させていただきます」などと、終了することをあなたに伝えます。
あなたはそのあと椅子から立ち上がり、面接官をまっすぐ見つめ、「本日は有難うございました。失礼致します。」とお礼を言って、入室したときと同じように一礼してください。その後、扉まで歩き、扉の手前で面接官に向き直り、もう一度「失礼致します」と挨拶した後に一礼し、扉を閉めましょう。
このとき大切なポイントがあります。この一礼の後は、面接官に背中を見せないでください。面接官に身体を向け、彼らを見ながら扉を閉めてください。ここまでをスムーズに自然とやってみせられると好印象です。
面接官は入室から退室までの所作を本当によく見ています。
また、コートを持っている場合は絶対に退出前に着ないように。
建物の外に出てから着ましょう。
 

 

最後に、ビジネスマナーチェック!

Check1

面接開始時間に遅刻しそうです。さて、どうしますか?

Ans1

①いつ到着するか ②遅刻理由 ③謝罪 この3つを整理した上で
速やかに会社に電話連絡をしてください。
※また、面接本番が終わり退室するタイミングでもう一度謝罪すること。
 

Check2

面接室に通され、「面接官が来るまで少々お待ちください」と言われました。座る席は指定されていません。どこに座れば良いでしょうか?

Ans2

扉に最も近い右下の席が正解です。扉(出入口)に近い席を下座、最も遠い奥の席を上座と言います。最も低い立場の者が扉の近くに着席するルールがあるので、この場合あなたが下座に座ることで面接官を敬うマナーが成立しますよ。面接室に先に面接官がいるとは限りません。こういった待たされるケースもきちんと想定してください。


Check3

面接官が「お入りください」と言いました。これまで脳内でシミュレーションしてきた通りの動きで、椅子の近くまで来ることができました。さて、荷物はどこに置けば良いでしょうか?

Ans3

床に置くのがマナーとされています。
椅子の脚の横に置きましょう。置くタイミングは、着席前でも着席後でもマナー違反とはなりません。自分のタイミングで置きましょう。くれぐれも机の上にはおかないように!

 

まとめ

改めて面接のマナーを確認して、新卒の就活時を思い出したでしょうか。
それとも初めて知ったということがありましたか?面接官も十人十色です。
マナーにうるさい人もいれば、マナーなんてどうでもいいから君の話を聞かせてくれ!という豪快な面接官もいます。

しかし、マナーを守っておいて損はありません。
加点されることがなくても、減点されるよりマシってもんです。
筆者も面接官をすることがあるのでわかるのですが、「入室から着席まで」と「立ち上がりから退室まで」が、その人のマナー力を最もよく見られるチャンスです。このマナー力が低いと「一般的に望ましい振る舞いができない人」「非常識な人」というレッテルを貼ってしまいます。「あの人すごくマナーがいいよね!!」となることはほぼないのですが、「あの人、話は上手かったけどマナーがね…」となることはよくあります。
読んでわかった気になるだけではなく、実際に自室などでシミュレーションしてみてください!全身鏡を見ながらやるのがおすすめですよ。
マナーはそもそも相手を敬い尊重する動きのことですから、一つ一つ理由があります。理由と一緒に覚えてしまえば、気持ちのこもったマナーになるのではないでしょうか。そういった姿勢は、面接官にしっかり伝わります。
くどくど言ってしまいましたが、「マナーを身につけるだけで自信が出て良い面接になるので、ぜひ頑張ってみてください!」ということだけでも伝われば嬉しいです。あなたの面接が成功することを願っています。