宇宙の正社員転職@iac2017

宇宙のように稼げる正社員転職の求人から宇宙レベルでレアな正社員転職内容まで、Astronautsの魂で広く深く紹介していきます♩

【転職】WEBデザイナーの転職事情をまとめました!未経験者必見!

 

こんにちは。元WEBディレクターの山田です。
今人気職のWEBデザイナーについて一部紹介していこうと思います。
現在WEBデザインは最近、ハードルの低いものになっていて、専門学校で学ぶこともできますし、大学の選択科目やサークル、ゼミなどで学ぶこともできる分野です。
YouTubeがデザインの先生ですって人も実際に会ったことありますし、ユー○ャンなどでお金を払えば教材も送ってきますし、本気を出せばどこからでも手が出せる業種です。
人不足でもあるため、WEBデザイナーへの転職も夢じゃありません!!
 

 

WEBデザイナーってどんな業務なの?

WEBデザイナーの仕事内容は、主に企業・個人などのクライエントに向けてWEBサイトのデザインやアイデア、導線などをアドバイスし、WEBに関わるデザイン全般の相談・担当する業務です。
WEBサイトの構成・レイアウト・デザイン・コーディングなどをプランニングすることは勿論、クライエントの潜在的なニーズを引き出し形にするといった役割も担います。
技術的なノウハウ・スキルだけでなく、コミュニケーション能力も必要な仕事ではあります。
 

 

転職のために必要なこと3選!

WEBデザイナーってなんとなく楽しそうだけど、「実際にプロになるには難しい」、「いきなりの転職はちょっと…」とイメージするかもしれません。しかし、WEBデザイナーは特に必要な資格もありませんし、知識とスキルが有り、実績や経験が少しでもあればそれを強みにアピールしていくことができます。
企業に所属するWEBデザイナーになる一歩として就職・転職にやっておくべきことをご紹介します。
 

今までの経験を書き出しておく

いままであなたの作成したWEBデザインなどを箇条書きで書き出しましょう。最終的に、時系列に沿って書き直しておくと、見やすく、企業に提出する際もわかりやすいです。納期や工数なども覚えている限りメモしておきましょう。
 

制作物を目に見えるように用意しておく

WEBデザインを実際に、自宅のプリンターで構いませんので、印刷しファイルに綴じておきましょう。
面接時に見せながら説明すると、より相手の心を動かすことできます。あなたの能力をできるだけ、企業側に想像させましょう。導線設計や理由、作成経緯なども同時に整理しておくと良いです。
 

転職におけるストーリー+志望動機は明確にしておく

いままで他業種でも培ったものや知識などをまとめておきましょう。そこを生かしてできることもあれば、初めて挑戦することもあると思います。それらを念頭に志望動機も考えましょう。「WEBデザインがただ好きで・・」の想いだけでは厳しい質問をされます。自分の個人でも学んだことや、WEBデザインに関わったことを通しての気付きなども、振り返りましょう。
 

企業の情報収集・特性を理解して面接に挑む!

「WEBデザイン企業」は世の中には無数に存在します。
沢山あるWEBデザイン会社の中で、なぜこの会社がいいのか?なぜここのWEBデザイナーの一員になりたいのかの理由は必要です。WEB業界の発信力は他業種より、力を入れている可能性が高いです。公式ホームページはもちろん、Facebook、転職サイトなどでも、情報収集しておきましょう。
制作実績などのページも基本的に公式ホームページに載っています。デザインの特徴・クライエントの属性なども調べることができるかもしれません。
面接時はコミュニケーション能力も見られます。対話ができるように練習・イメージトレーニングをしておきましょう。

 

WEBデザイナーで未経験者のハードルが高そう…

未経験だけれど、WEBデザイナーになれるのだろうか?まず経験者しか入れてくれないのでは?といった不安がある方も多いかと思います。ど素人でも、それなりに独学する必要はあります。スクールやオンラインスクールに通うと自信がつきます。
また、転職エージェントもあなたの希望・企業の希望に沿ってマッチングしてくれます。
 

 

業界未経験向けのエージェントサイトの紹介

WEB業界出身のスタッフ在住、WEB業界、各特定企業の動向をよく知っている、初心者向けのスペシャルなサポートが充実している特徴があります。
 

ギークリー


参考:Geekly

ギークリー(Geekly)は、株式会社ギークリーが運営しています。
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、サポート体制が充実しており、顧客満足度が高いのが特徴です。
東京・名古屋・大阪などの主要都市の転職に強く、未経験からWEBデザイナー業界に転職する方にはおすすめです。
 

レバテックキャリア


参考:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、レバレジーズ株式会社が運営しておりIT・Web業界に特化しています。非公開求人も多く、エンジニアやWEBデザイナーにとって魅力的な求人も紹介してあります。WEB業界に対してのコンサルタント力が豊富で、フォローアップも充実しています。未経験者も気軽にエージェントに相談してみましょう。
 

ワークポート


参考:WORKPORT

ワークポートは、「株式会社ワークポート」が運営しています。
10年以上の実績があるため、スピード感のある就職活動が可能です。
質より「量」をお求めの方は試している価値があります。
求人情報も多く保有しているため、WEB業界を志望している方、一度は試してみてください。

 

業界経験者向けのエージェントサイトの紹介

キャリアアップ・給料アップを目指す業界経験者向けの転職サイトをご紹介します。
  

マイナビクリエイター


参考:マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、大手求人サイト「株式会社マイナビ」が運営している転職サイトです。求人数が多いのは勿論、大手への転職を希望している方には向いています。専門アドバイザーが担当し、交渉力をフルに活かしながら転職につなげます。  
 

リクルートエージェント


参考:RECRUIT AGENT

リクルートエージェントは、「株式会社リクルートキャリア」が運営しています。総合型転職エージェントで、求人の質が高く、転職初心者でも安心のサポートがあり、転職で総合的なアドバイスを受けることができます。2016年までに3万以上の実績を残しています。
 

アールストーン


参考:R-Stone

アールストーンは、IT・Web・ゲーム領域に特化した人材紹介会社です。
「株式会社アールストーン」が運営しています。
転職を希望する際に、3~5年先を見据えたキャリアプランを提案してくれるなど、ユニークなサービスを行っています。大手企業への求人情報も多いため、キャリアアップ希望の方にはおすすめします。
 

 

まとめ

いかがでしたか?一言で「WEBデザイナーへの転職」といっても、初心者はWEBデザインの勉強することから、どこのエージェントサイトを利用するかなど、まず下調べが必要です。
20代、30代でWEBデザイナーという職業に転職するくらいの興味がある方は、まだ間に合います。
WEBに関して勉強を始める窓口も広いですし、もしかしたら、あなたの今までの経験が想像以上に生かされるかも知れません。WEBデザイナーへの転職は早いほうが得です!
ぜひ、まずは気軽に転職エージェントに相談してみましょう。